2005年09月04日

改正


久々に外出をしました。
旅行以来ですし、旅行を抜かすとホント久しぶり…。
夕飯の買い物ついでに、本屋や雑貨屋を見てまわりました。
後から気がついたのですが、買いたい本の発売日が明日…;;
これは、私に外に出なさい!という、神からの啓示カシラ?

それはさておき。
ちょうど一週間後は衆議院選挙です。
街頭で、「郵政民営化に自民党は再挑戦します―早わかり郵政民営化―」なる、自由民主党政務調査会編集の冊子が配られていたので、なんとなくもらっておきました。
あまり郵政民営化に興味はないのですが、今回の選挙の一番の焦点だそうなので、一応目を通しておきませんと。
今回の選挙、私としては、憲法改正問題が気になるところです。
といっても、正直、憲法については深く学んだことなどありませんし、大学の授業でも取ってませんし、知識としては高校生レベル以下。
そんな私の考えなど、取るに足らないものですが。
「憲法改正に賛成ですか反対ですか」と訊かれたら、少し迷ってから、賛成します。
解釈改憲ばかりされている今の状態はどうか、と思うのですよね。
1メートルが、場合によって90センチだったり110センチだったりしたら困りますもの。
なので、とても難しいことではあるけれど、誰が見ても一貫して同じように理解するものであってほしい、と思うわけです。
ただ、内容はほぼそのままで、憲法9条もそのままでいいと、私は思います。
「憲法改正に賛成」と言うと、「憲法9条変えろ」とか言ってるみたいに判断されてしまうのですよね。
あと、「憲法違反なことをしているなら、憲法を変えてしまえばいい」的な憲法改正をするのだとしたら、それはちょっと……。
まぁ、今回の選挙で、これからの日本の未来を明るいものにするための土台ができればいいですね。

と、気がつけば私の夏休みも、あと2週間……;;
生活リズム、だんだん戻していかないと。
あ、部屋片付けなきゃ。
夏休み前よりも、夢の島に近づいています……(遠い目)。


web拍手 
posted by ふしまちえす at 00:00 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 想い・呟き
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。